キッチンスペースを運営する上村氏

今回は自由が丘でレンタルキッチンスペースを運営している元雑誌編集者の上村武男氏にインタビューしました。

キッチンスペース「クック・バイ」の由来

Q. なぜ「クック・バイ」の運営を始めたのですか?

A. まず、「クック・バイ」が開店したのは2015年10月でした。住居として貸し出していた場所に、キッチンスペースを作りレンタルスペースとして貸出をはじめました。

もともとは、キッチンスペースに本を置き、新しい本の売り方を行う、「クック・バイ・ブック」を開店しようとしていました。しかし、今は見ての通り本を並べていません。

なぜかと言いいますと、新刊書を販売するには「取次(とりつぎ)」という本の問屋から仕入れるのが一般的なのですが、当時は新規の本屋に本を卸してくれる取次がありませんでした。私も当時いくつもの取次と交渉をしましたがだめでした。

絶望的な状況でしたが諦めることもできず、キッチンスペースのみをオープンさせたのが、「クック・バイ」です。

Q. 「キッチン付きレンタルスペース✕本」で「クック・バイ・ブック」が本来の名前なんですね。

A. そうです。あれから3年経ち状況も変わり、新規の小さな本屋にも本を卸してくれる取次が出てきました。

これからは念願の本が置け、2月から改めて「クック・バイ・ブック」としてリニューアルオープンします。

キッチンを利用する人は様々

Q. 利用者はどんな方が多いですか?

A. 当初は料理教室をされる方を想定していましたが、お友達同士で料理を作られる方、女子会や、カップルで来られる方など、様々な利用をされています。

イベントごとではバレンタインや、クリスマスによく使われています。

また、テレビや雑誌の撮影もよくあります。帰り際に「ありがとうございました。」と声をかけてくださるときは嬉しいですね。

こだわりはキッチン台

Q. スペースのこだわりを教えてください

A. キッチンの道具は他のキッチンスペースを見て研究し、様々なものを揃えるようにしています。

例えばオーブンや、そばを作るための大きなボールなどを置いています。

キッチン台は高さなど、合うものを探すのに苦労しましたね。

目指しているもの

Q. 3年越しで完成するスペースでは何をする予定ですか?

A. 主に料理に関するエッセイやレシピ本を置く予定なので、料理家の出版記念イベントや、料理教室などができると良いなと思っています。

料理をする人に気軽に使ってもらえると嬉しいですね。

今回はキッチンスペースと新しい本屋のあり方を探求する上村氏にインタビューをしました。2019年2月24日からより一層パワーアップしたキッチンスペースにリニューアルする「クック・バイ・ブック」に期待です。

「レンタルスペースを始めてみたい」という方はまず登録をしてみては?

自由ケ丘 COOKシェアスペース

今回インタビューした上村氏のスペース「クック・バイ」です。
自由が丘の簡素な住宅街にある設備の整ったキッチンスペースです。
友人との料理の練習・女子会などに使ってみては。

自由が丘 キッチンスペース