古民家を地域のコミュニティスペースに!アイビーリンクスにインタビュー

元は古民家カフェだったという雰囲気のある古民家でシェアスペースを運営しているアイビーリンクス柴岡けい氏にインタビューをしました。

家でも職場でもない場所を提供する

Q. なぜ、シェアスペースを運営することになったのですか?

A. いろんな生き方や働き方を応援し、地域に貢献したい。という想いから、シェアスペースとしてアイビーカフェをはじめることとなりました。
働き方改革やテレワークなどが注目されるようになってきましたが、家で仕事しようとしてもどうも集中できない。息抜きに自宅オフィス以外の場所で仕事をしたい。そんな方々の作業スペースや、地域で交流できる場所を作りたいと考えていました。
そういったことから物件は、都心に通うサラリーマンが住んでいる沿線、山手線から一本乗り換えたあたりを探していました。
Q. この物件を選んだ理由はなんですか?

A. 最初は、閉鎖した銭湯を改装したら面白いのでは。ということで探していましたが、銭湯はほとんどがすでに次の計画が決まっていました。
そこで当初よりあった、「4LDKの戸建て」を活用するという構想で、人の住んでいない住宅をシェアスペースとして転換することにしました。
「4LDKの戸建て」を活用することで、間仕切りを新しく作る必要もなく、ひとつひとつの部屋を楽しめます。
この物件は、古民家カフェとして利用されていたので、ほとんど手を加えることなくシェアスペースとして利用することができました。

シェアスペースを運営していて意外だったこと

Q. スペース運営をしていて意外だったことはなんですか?

A. 様々な方に利用していただけることですね。作業スペース、ワークショップ、勉強会、セミナー、打ち合わせ、商談、カウンセリング、撮影、パーティー、同期会、ランチ会など、いろんな用途でお使いいただいています。
また、週に何度か駐車場にキッチンカーが来ますので、ご近所の方がお昼ご飯や夕飯を買って帰ったりされることもあります。着々と地域の方にご利用されているのがわかり、嬉しいですね。

アイビーカフェが目指していること

Q. アイビーカフェでやっていきたいことはなんですか?

A. アイビーカフェの利用者は主にリモートワークをされる会社員やフリーランス、起業家、学生、主婦の方など職業、年代、性別、趣味も様々です。
「場所貸し」を超えた、「地域の新しいコミュニティ」づくりをしていきたいですね。

今回は荒川区町屋駅のシェアスペース「アイビーカフェ」を運営する柴岡氏にインタビューしました。
「レンタルスペースを始めてみたい」という方はまず登録をしてみては?

東京・荒川区町屋「アイビーカフェ町屋」

荒川区町屋の住宅街にある大きな一軒家で、ワークショップ・講座等はもちろん、和の雰囲気の中で撮影ができます。