こんな人向け

  • レンタルスペースの貸出を始めたい
  • レンタルスペースを開業したい
  • レンタルスペースの売上を上げたい

レンタルスペースは写真が命!

レンタルスペース内部の写真は利用者がスペースを選んでもらうための大事な判断基準です。なるべく綺麗に撮って、その写真を最大限に活かしましょう。

レンタルスペースの写真のポイント

以下のようなポイントを押さえると、利用者の方々に喜ばれます。

  • レンタルスペースが清潔である
  • レンタルスペースの印象が明るく見える
  • レンタルスペースの広さがわかる
  • レンタルスペースを使っているイメージが湧きやすい写真にする

レンタルスペースの写真が充実しているかを意識する

インスタベースの掲載登録画面では写真の登録をすることが出来ます。ここではその写真の登録の順番についてご紹介します。

レンタルスペース写真登録画面

①メイン画像

カバー画像

写真は利用者がイメージしやすいよう、文字などは入れず、極力自然光を取り入れ、空間全体が分かりやすいような写真にしましょう。

カバー画像の役割は、まず利用者にスペースを予約するページに来てもらうことです。そのため、目を引くようなきれいな写真を設定すると良いでしょう。

②スペース内

別の部屋の写真

メイン画像に写しきれていない部屋がある場合はここに入れましょう。

家具のレイアウトの違う写真

レンタルスペースには様々な利用用途があります。机と椅子などのレイアウトを利用用途に応じて変更した写真などを数枚入れると利用のイメージが付きやすくなります。(会議室であればコの字や、スクール型など)

角度を変えて撮影したスペースの写真

メイン画像の部屋のアングルを変えた写真もあると、より利用のイメージが付きやすくなります。できれば何枚か加えましょう。

③設備・備品

キッチンやトイレなどの設備

設備の様子などを知ることでより利用のイメージが付きやすくなります。

ホワイトボード・プロジェクター・食器や家電などの備品

文字だけでなく現物も載せられれば載せましょう。

④スペース入り口

施設の入り口の写真

利用者が建物内で迷わないように入り口を示してあげると親切です。

⑤施設の外観

建物の様子がわかる写真

7.と同じようにレンタルスペースのある建物の外観を載せると利用者が道に迷う心配が減ります。

⑥その他

実際に利用しているイメージ写真

人が写っていても構いません。実際に利用している人の姿が見られると利用者は安心します。
利用の用途によって数パターンあると、より利用中のイメージが湧き、予約する可能性が上がります。

⑦間取り図

レンタルスペースの間取り図の画像

賃貸物件を見るときのように、間取り図があると写真ではわからない空間の作りをより理解できます。できる限り載せましょう。

まとめ

以上のポイントを押さえると、より空間の魅力をうまく伝えることができ、予約の可能性を向上させることができます。いかがでしたでしょうか?

もしご掲載がまだであれば、是非一度掲載してみてインスタベースのメリットを味わって見てください!

参考にしたいスペース

レンタルスペースの写真をお手本にしたい!おすすめスペース

ロッポンギフラット

うららカルチャー 長者町

まだ撮ってない!という方

レンタルスペースの写真の撮り方

レンタルスペースを撮るカメラの選び方を参考にしてみてください。